「意味不明文」というネタ 心地よい支離滅裂を楽しむ。

こういうネタがあるんですけどどうでしょうか。
「意味不明文」というネタなんですけど。
心地よい支離滅裂を楽しむ。というネタです。よかったらぞうぞ。

スピもいいけどギャグもたまにはいかがですか~。

(´∀`)ははは。
—-

私の父は今、崖っぷちに立たされています。
父だって辛いんです。いいですか?聞くならちゃんと聞いて下さいよ。
ご存じだとは思いますがモミアゲ自慢だった父は
あなたの父と後頭部をこすり合わせた時に年齢を感じたと言います。
「自分も年をとった」と。
これが全ての発端でした。
この不名誉を挽回しようとして
猫をかわいがり過ぎた父は逆に猫の逆上を買ってしまって
引っかかれて足が傷だらけとなり風呂に入れなくなりました。
いいですか?足の傷にバスクリンがしみるから風呂に入れないなんて
誰かに言われてやっていることではないのですよ。
解ってくれとは言いません。絶対に言いません。
ただあなたの年収だけは後でこっそりと教えて下さい。
ご存じだとは思いますが猫のひっかき傷には保険がききません。
知っているくせに知らないふりはしないで下さい。
にもかかわらずなのです。にもかかわらず今まさに父の腹巻は
大西洋でプカプカと浮かんでいるのです。
どこまで父を辱めれば気が済むと言うのですか?逆に教えて下さい。
いいですか?話を最後まで聞いて下さい。
人の話を最後までちゃんと聞いて下さい。
父の腹巻が今まさに大西洋に浮かんでいるんですよ。
しかも父はアジア人です。果たしてこんなことが許されることなんでしょうか?
プエルトリコでは「アジア人の腹巻は見て見ぬふりをせよ」という諺もあるくらいです。
だからこそ。だからこそなのです。だからこそ狂暴なまでの父の無念さは
察するに余りあると言わざるを得ないのです。
この前も父は散髪屋で「モミアゲはどうなされますか?」と尋ねられた時
「ワイルドにして下さい。アバンギャルドにして下さい。
アバンギャルドってグローバルスタンダードですよね」
と答えて笑われたというのです。
これが現実です。これが現実なんです。
日本は法治国家ですよね?本当に日本は法治国家なんですよね?
いつの間に父のオシャレ禁止令が出たと言うのでしょうか?
最近ではアメリカの大手製薬会社が新型コロナウイルスの原因を
父のモミアゲのせいにして自らの疑惑を逃れようと策動していることが判明しました。
でもどこのメディアも報道していません。意図的に世界中がグルになって
陰謀政策を隠蔽しようとしているのは火を見るよりも明らかです。
卑怯極まるやり方です。今まさにです。今まさに何の罪もない
父のモミアゲが21世紀最大の負の遺産として祭り上げられようとしているのですよ。
これが真実です。これが真実なんです。
もはや頼れるのは国連事務総長しかありません。
国連事務総長でも間違い電話はするじゃないですか。
私の父は万が一の万が一で国連事務総長が間違い電話をして
偶然にも我が家に電話がかかってくることを夜を徹して待っているのです。
確かに徹夜をすればするほど総長からの
間違い電話がかかってくる確率が高まるのは事実です。
そのエビデンスはプエルトリコ政府によって確認されています。
父は今日で33日間もの間徹夜でふすまとふすまの間に挟まれて月収840万円を夢見ております。
商品券と図書券でのダブルインカム月収840万円を夢見ております。
高額収入を夢見ることだけが今の父にとって細やかな抵抗なのです。
笑いたければ笑えばいいです。どんなに笑われても私は父のモミアゲの写真を
近所にバラまいて父のモミアゲの名誉を回復させるつもりです。
例え父から「頼むからやめてくれ」と言われても聞く耳は持ちません。
あえてバラまくことによって父には奮起してもらいたいのです。
それが私のやり方です。それが私の生きる道なのです。
それでは今から行動させていただきます。
獄中より愛をこめて。
かしこ。