「我月収500万円なり。年収6000万円なり」というマントラを唱えるとどうなるか?

「我月収500万円なり。年収6000万円なり」
と唱えていると本当にそうなるのかをやっていましてね。

まあ月に500万円は収入が欲しいんですが
どうやって500万円も稼ぐかは全く想像も出来ていないんですけどね。

なるべく忘れないように頑張って唱えるようにしています。

よくスピ系の情報でお金が欲しい場合は
お金持ちになった自分を強くイメージするといいとか
言うじゃないですか。

これをやっているわけなんですが
今のところちっとも収入は増えてないんですけどね。

「我月収500万円なり」と唱えながらも
ちっとも500万円ではないというね。
年収でも500万円もないですからね。

最初はどうせなら「我月収500億円なり」とか
もっと単位を上げた方がいいのかなと思ってたんですけどね。

ちょっと遠慮気味に月500万円にしときました。
あまりに浮世離れしすぎると逆に失礼かなと思いましてね。

何に対して失礼なのかはよく解らないんですけど
何となく自分自身に対して失礼な気がしたので
とりあえず月500万円にしときました。

月500万円への道はまだまだ始まったばかりですからな。

唱えるだけならタダなのでまずは血を吐くくらいに
唱えまくろうと思っています。

 

 

※アマゾンでkindle本出ています。こちらもよろしくお願いします。↓

神さま僕は男になりたいのです!: まんが日本昔ばなしのようなスピリチュアル人生の記録。