「死後の世界はない」だって?あるもないもない!死が存在しない絶対的な理由

肉体が意識の源ではない

 

世の大半の人は肉体が「自分」の本源であり生命の本源と考えています。

 

肉体が死んで無くなれば、それを本源としていた「意識」も消えて無くなると考えるわけです。

電気機器と電源の例えで言いますと。

 

テレビやエアコン、冷蔵庫などの電気機器は
電源から電気というエネルギーを得て動いています。

 

電気機器にはコードがあって差込プラグがコンセントにつながっています。

 

ほとんどの人が人間に意識があるのは「肉体」というコンセントに意識を働かせる脳からのプラグがつながっていて、そこ(肉体)からエネルギーを得ているから「意識」が成り立っているのだとイメージしていると思います。

 

もし肉体という電源を供給する本体が無くなると「意識」も消えるのだ。と考えるわけです。

「虚無」になってしまう。と。

 

僕も霊的なことに関心を持つ前までは同じように思っていました。

 

「人間、死んだら終わりだ」と。

 

世の大半の人は自分のこの肉体こそが「自分(意識)」の本源、

生命の本源であるという感覚的な思い込みがあるため、
肉体の死後も人の「意識」が存続し続けるという霊的事実を上手く飲み込めないわけです。。

 

肉体が死んでも自らの「意識」は依然として存続して、おまけに身体(霊的な肉体)まであります。

なのでまさか自分の肉体が死んでいるとは思いもよらないことのようです。

 

こうしたところにも「肉体こそ自分(意識)の本源」という物的感覚が影響しているように思います。

 

しかし肉体が無くなってもその人の「意識」は残ります。

 

つまり肉体というコンセントからプラグが抜けても「意識」は生き続けるのです。

 

何故かというと。。。

 

「肉体こそ自分(意識)の本源・生命の本源」という物的視野による考え方・感覚が間違っているからです。

「意識」は肉体からエネルギーを得て成り立っているのだ、、、
という思いこみが混乱の大きな原因のように思います。

 

何故人間は死んでも生き続けるのか?

 

なぜ人間は肉体が死んでも「意識」はそのまま生き続けるのか?

「意識」を別の言い方で言うと「霊」です。

そもそも「意識(霊)」はどこからエネルギーを得ているのものなのか?
を考えますと。。。

 

一言で言うと人間の意識(霊)は、
「神」から生命のエネルギーを得て成り立っているのです。

「神」という言葉は人それぞれ様々にイメージされる言葉なので

「神」=「大生命」

と言い換えますと。

 

生命の本源は常に「大生命」にあるわけです。

 

人間が何故肉体の死後も霊となって生き続けるのかというと、

そもそも「意識(霊)」のプラグは「大生命」というコンセントに直接つながっていて、そこからエネルギーを得て成り立っているからです。

 

しかもこのプラグとコンセントの関係は絶対に切れることがありません。

 

人間の自由意志でプラグを抜いてやろうと思っても抜けるものではありません。

 

例えば利己的な自殺をする者は、自分の意識の本源は肉体だと考えるわけです。

そして肉体を消してしまえば「意識」も消えるだろうと思って生命のプラグをコンセントから抜こうとします。

 

しかしそれは間違った思いこみで、生命のプラグは肉体ではなく「大生命」に直接つながっていて絶対に抜けない構造になっているのです。

 

霊的視点で見ると自殺は不可能です。

 

構造的に不可能なのです。

 

(自殺者の死後については別の機会に)

 

そもそも「生命」はこれを滅ぼしてやろうと思っても滅ぼす事は出来ません。

なぜなら生命とは本来が「大生命」の生命だからです。

 

例えて言うと個々の生命は「大生命」の生命を借用して成り立っているようなものです。

 

何故人は死なないのかというと「大生命」の命を生きているからです。

「大生命」の生命、つまり神の生命を生きているから死ぬことが出来ないのです。

 

 

我々は生命そのもの、生命のエネルギーそのものである「大生命」と
絶対に切れない絆でつながっていて、いわば「大生命の生命」を生きているわけです。

だから人は死なないのです。

 

本当に生きているのは「大生命」の生命ただ一つです。

我々の生命はそもそも最初から「永遠」であり「不滅」です。

死を恐れる必要もなければ、死別を必要以上に悲しむ必要もありません。

 

人間が死ぬなんてことはそもそも最初から構造的に不可能なこと、
想像することすら出来ない絶対にあり得ないことなのです。

 

コメント