どんな高い山でも、二本の足より高いことはない (中国の諺)

どんな高い山でも、二本の足より高いことはない
(中国の諺)

人にはそれぞれの人生において

乗り越えるべき山が用意されている。
その人にしか登れない唯一の山が。

どんなに高く感じられる山でも

頂上に立てば二本の足より高くはない。

神は山よりも高い二本の足をすでに与えている。

高い山と二本の足。

神は両者を同じように作った。

困難も必ず乗り越えられる。

コメント