もっとも美しいのは心であり、 もっとも醜いのも心である (中国の諺)

もっとも美しいのは心であり、
もっとも醜いのも心である
(中国の諺)

もっとも人を救うのも心、
もっとも人を傷つけるのも心。
もっともありがたいのも心、
もっとも恐ろしいのも心。

その人がどのような人生を歩むか。
愛にあふれた人生か。醜い暗黒の人生か。

全てはその「心」による。
「心」とはつまり「神」のこと。

「神(心)」は天使になって現れることもあれば
悪魔になって現れることもある。

コメント