太陽が入らぬ家には医者が入る (ポルトガルの諺)

太陽が入らぬ家には医者が入る
(ポルトガルの諺)

太陽とは元気さ、明るさ、笑顔、楽しさ、無限の生命エネルギーの象徴。
本当の自分とは太陽なのだと強くイメージする。

太陽とともに生きると活力が生まれ健康になる。運勢も良くなる。
太陽の命と自分の命は同じ「命」なのだから
「意識」のあり方次第で必ず可能である。

だが太陽を忘れると夜を生きる事になる。
太陽と自分とは別物だと考える。
その「意識」のあり方が精神的な暗黒を作り出し、
病気を作り出しているのではないか。

コメント