審神者は霊視が出来んといかん

審神者は霊視が出来んといかん。

その霊媒にどのような霊が入っとんのか
どんな容姿でどのような霊的境涯におるのか
霊視出来てへんと霊との対話が上手くいかんのや。

霊視が出来んでも審神者は出来るけど
やはり精度は落ちるのう。

霊視が出来る審神者はそいつを指導しとる
背後の霊団との結びつきが強いと言えるのう。

霊視が出来ると言うても
その霊視を送信しとんのは背後の霊団や。

そいつも霊団の「霊眼」を共有しとるんや。