森羅万象の全てに「神」を見い出す方法。当たり前の世界を宇宙人の視点で見る。宇宙人の新鮮な目

森羅万象の全てに「神」を見い出すには
次のようにイメージしてみてはどうでしょうか。。

 

はるか彼方の宇宙から宇宙人が地球にやってきたとします。

 

その宇宙人は「花」の存在を知りません。「花」がない星からやってきたからです。

その宇宙人は地球の「花」を見て驚く。「花」の存在が不思議で不思議で仕方がない。

 

「これは何か?」と。

 

同様にその宇宙人は「山」を見て驚く。生まれて初めて「山」を見たからです。
「山」の存在が不思議で不思議で仕方がない。

 

「あれは何か?」

 

同様に「虫」を見て驚く。「鳥」を見て驚く。「太陽」を見て驚く。
「海」を見て驚く。「人」を見て驚く。

全てが見たこともないものばかりであり、全てが世紀の新発見ばかりだから。
不思議で不思議で仕方がない。

 

「一体何なのか?」と。

この宇宙人の様に「新鮮な目」で地上の目の前の森羅万象を見ると
慣れによって当たり前になってしまったの地上の世界も
全てが不思議に満ち満ちた「神秘の世界」となります。

 

「神秘の世界」とは「神」び生命に満ち満ちた世界のこと。

 

このような「新鮮な目」で地上の森羅万象を見ながら
「神」に直接話しかけてみてはどうだろうか。

「ああ、神よ。これは一体何なのですか?」と。

 

普段は見過ごすような道ばたに生えている雑草の一本であっても
無限の神秘である神(の生命)が宿っているのです。

 

 

コメント