眠っている時も「現実」。起きている時だけが「現実」ではない。

人間は寝ている時と起きている時の二つの世界で生きているにもかかわらず、 寝ている時の世界を切り捨てて起きている時の世界だけを唯一の「現実」の世界としているのはおかしなことだと思います。

実際には起きている時の世界も寝ている時の世界も両方が「現実」の世界です。

寝ている時の世界が言わば霊的なあの世的な世界で、起きている時の世界が物的次元のこの世的な世界です。

より実際的な「現実」とは霊的な世界と物的な世界を足して二で割ったような世界になると思います。