憑依体験

憑依体験

神さま僕は男になりたいのです(まんが日本昔話のような僕のスピリチュアル人生 前編 憑依体験編)」

僕のスピリチュアルな体験を書いたブログ記事をまとめて編集しました。 前編(僕のスピ体験1~11)と後編(僕のスピ体験12~13以降)に分けています。(後編は制作中) スピリチュアルに興味のない人にも興味深い内容となっていますので...
憑依体験

統合失調症のような精神疾患は「時期」が来たら治る。 発症するのも「時期」寛解するのも「時期」

もう15年ほど前になりますが憑依が深刻化していた頃は所謂精神疾患の状態でした。 でも僕には「自分は病気である」という自覚はほとんどありませんでした。 全て「今から考えると」になるんですが、所謂「病識がない」患者だったのかと思いま...
憑依体験

憑依体験。威嚇するように殺気を飛ばす。プログラミングされたロボットのような殺意。僕のスピ体験9

(仮設の建物の上に登っていた僕は、下で寺の作務をしているAさんに殺意を抱きました) 「しの」を握る手に力を込めながら その時がくるかどうかを待ちました。 普通「殺意」といっても実際にはリアルに想像出来ないと思います。 ...
憑依体験

憑依の体験。蛙の置物を自分の赤ちゃんだと思い込む。赤ちゃんを守るために殺意を抱く。僕のスピ体験8

(父に介抱され、酔いもましになり少し正気が戻ってきた来ました。) 姉が救急車を呼んだので救急隊員がやってきました。 救急隊員は僕に何やら話しかけていましたが、 その隊員がずっと笑顔だったことだけ覚えています。 隊員は...
憑依体験

憑依霊の感情に身を委ねる。女性的な仕草。父を自分の夫と思って助けを求めてすがろうとする。僕のスピ体験7

(憑依が強まり、手が勝手に床をガリガリと指で引っかくように動き続ける) 時間にして5~10分ほどトイレの前の床でガリガリやっていたと思います。 異変に気付いた姉が側に来て 何やら騒いでいたように思います。 目隠しをし...
憑依体験

憑依霊のコントロールに僕の身体が追従した時の詳細。自分の肉体の中に「別人」がいる。僕のスピ体験6

(憑依霊のコントロールに僕の身体が追従した時の詳細) 事件が起こった当時の僕は大阪での一人暮らしをやめて実家に戻っていました。 しばらくブラブラしていましたが、父に誘われ実家の建設業の手伝いをしていました。 ちょうどその日...
憑依体験

妄想と独り言が止まらない。肉体的な痛みに類似する胸の苦しみに悶絶する。僕のスピ体験5

(支離滅裂な行動をしていた頃) 自分の行動がとんでもないものであったとしても 何とかしなければといたたまれない気持ちでハラハラとして、 思い立ったらとにかく行動せずにはいられないのです。 「ハラハラしてやってしまう」...
憑依体験

憑依霊が出てくるまでの支離滅裂な行動。見えない何かに評価してもらう為文明の利器は使わないと決心する。僕のスピ体験4

(自分の周りで何か巨大な意識・権力が存在していて 僕に何かを語ろうとしているという妄想に苛まれていた頃) 見えない「その存在」はどうすれば出てきてくれるのか? 頭がパンパンになるまで考えました。 何かを実行すれば「答え」...
憑依体験

憑依霊による身体の乗っ取り事件が起こるまでの経緯。奇行の数々。僕のスピ体験3

憑依霊による身体の乗っ取り事件が起こるまでの経緯や背景) 僕は「ぽん竜太」という漫画家で、その当時週刊連載が打ち切りになって精神的に落ち込んでいた時期でした。 漫画を描こうという気力が湧かず、実家でブラブラしながら悶々とした日々...
憑依体験

憑依霊の感情と同化する。地縛霊とは生きている生身の人間。僕のスピ体験2

(憑依霊(地縛霊が憑依した状態)が僕の身体を動かした時の印象) その時の気分は物凄い気分でした。 暗黒の中で絶望的に泣き叫ぶような感じです。 凄まじい「悲しみ」と「怒り」。 怒りでブルブル震えました。 興奮した...
憑依体験

憑依霊によって身体が乗っ取られる。その不思議な不思議な感覚。僕のスピ体験1

僕が霊的な事に関心を持つきっかけとなった出来事について語りたいと思います。 霊的経験としては一番最初に経験したもので、僕の人生でもっともインパクトの大きい出来事でした。 それは「憑依」という霊現象です。 憑依とは幽霊(地縛...