スピリチュアリズム

スピライフ考

「霊界ごっこ」で生きる

この世は「ごっこ」をする世界と言いますか。 「ごっこ」で生きるといいと思うんですね。 僕のおすすめは「霊界ごっこ」ですね。 この世を霊界とみなして「ごっこ」で生きる。 実際この世もある意味では霊界なんですけど。 霊界も...
迷える霊との対話

霊の世界と物質の世界の相互作用(「迷える霊との対話」より)

憑依について学ぶ上で痺れる程に偉大な文献です。憑依している地縛霊の感覚は本当にこのような感じなのです。 著者のC.A.ウィックランド博士に感謝です。 「迷える霊との対話P715~P719(ハート出版)」より引用。 ...
スピリチュアリズム

憑依を強引に外す方法。寒い冬はチャンスでもある。

憑依を強引に外す方法があります。憑依霊は激しい痛みやショックに敏感に反応することが解っています。頭部への打撃による激痛。頭部への電気ショック。は良く効くようです。電気ショックは実際の医療現場でも重症患者への奥の手として使われているようです。...
スピリチュアリズム

スピリチュアルな組織や団体・特定の霊的指導者を支持すべきかどうか?束縛があるならしない方がよい!

スピリチュアルな活動をする上でそうした組織や団体に所属したり支持したりすべきかどうかについて思っていることをお話します。 僕もスピリチュアルの勉強や修行を始めてしばらくたった時にそうした団体に参加してみたことがあります。 今も続いている...
迷える霊との対話

迷える霊との対話01(感想①)

全文 細かく読んでいきます。 第1章 除霊による精神病治療のメカニズム ●霊的要因による障害の危険性 霊的現象の研究は人類にとってきわめて重大な意義を秘めており、既に世間一般の日常生活において欠...
迷える霊との対話

霊界通信を読む01。「迷える霊との対話 第1章」より。憑依と精神疾患の関係とは?

スピリチュアリズムの数ある良書の中から「憑依」に関する文献を読んでいきます。 最初に一通り引用(太字)し、後に僕の感想を語ります。 第一回は「憑依」現象を考える上で僕がバイブルとしている C・A・ウィックランド著 『迷える...
アラン・カルデック

自殺霊の霊界通信を読む2。憑依における霊的法則を考える。アラン・カルデック霊との対話より

自殺霊の霊界通信を細かく読んでいきます。 黒字は僕の感想です。 全文→自殺霊の霊界通信を読む1。憑依における霊的法則を考える。アラン・カルデック霊との対話より。 -招霊します・・・。  「私に何をせよというのですか?私を...
アラン・カルデック

自殺霊の霊界通信を読む1。憑依における霊的法則を考える。アラン・カルデック霊との対話より。

地縛霊や憑依に関する霊界通信を読んでいきます。 その中でどんな霊的法則が働いているのかを考えます。 アラン・カルデックの「霊との対話」 天国と地獄II(幸福の科学出版P149~157)より引用。 アラン・カルデックの「霊との対...
シルバーバーチの霊訓

人間を辞めよう!わざわざ「人間」などという肉体の牢獄に閉じ込められた死刑囚みたいなものになる必要はない!

その身体があなたではありません。あなたは本来、永遠の霊的存在なのです。(中略)  鏡に映るあなたは本当のあなたではありません。真のあなたの外形を見ているに過ぎません。身体が人間がまとう衣服であり、物質の世界で自分を表現するための道具に過ぎ...
迷える霊との対話

「供養」の際に重要なのは人間が死んだ試しはないという「死はない」という絶対的な確信

そのうち私の妻にすぐれた霊媒的能力があることがわかり、複数のスピリットに代わるがわる支配されるようになった。最初妻は、死者が自分の口を使ってしゃべるということは“死者を安らかな眠りから覚ます”ことにならないかと心配したが、霊団側(のちにマー...
アラン・カルデック

死の自覚の難しさ。死は存在しないことを死んでから知る必要はない。

死んで間もない人が、自分が死んでいるのかどうか分からない状態になるということは、実に頻繁に観察される。特に、自分の魂を肉体のレヴェル以上に向上させなかった人の場合には顕著である。  この現象は、一見、奇妙に思われるが、ごく自然に説明できる...
迷える霊との対話

「供養」とは地縛霊を救済する為の「愛の祈り」。「愛」は「神」の属性。

〇人間を自殺に追い込む憑依霊 “どうしてまた、あの人が…”と思いたくなるような、原因らしい原因が全く見当たらない自殺の大半は、地縛霊による憑依やそそのかしが引き金となっていることが判明している。  それには邪霊が意図的に自殺をそその...